タダシップはインターネット通販でも購入できる?その方法について説明

2019年12月31日
OKサインを出す男性

タダシップは、日本国内では流通していないジェネリック医薬品であるため、一般的なドラッグストアなどに行っても購入することはできません。しかし、インターネットを利用することによって個人目的で購入することは可能です。

基本的に、インターネット上で医薬品を購入するときにはいくつかのルールがあります。そのルールを守らないと個人でも法律的にも罪に問われる可能性があるため、必ず守らなくてはいけません。言い換えると、このルールさえ守っていればインターネットからタダシップなどを購入することは禁止されていませんので、この点は誤解をしないように知っておく必要があります。

タダシップをインターネットで購入する際には、個人輸入の代行サービスを使うことが普通です。個人輸入とは、当人に代わって業者が海外の製品を購入してくれるサービスのことです。本来、海外から何らかの製品を購入する場合には、手続きが面倒になって簡単に購入することができません。しかし、個人輸入を代行してくれるサービスを利用すれば、まったくの個人であっても通販のような感覚で購入することができます。実際に、個人輸入を通販の形で提供しているところは多く、こういったサービスを利用したとしても犯罪ではありません。ただ、気を付けなくてはいけないのがあくまでも個人的な目的で利用する範囲内に限定されているという点です。

例えば、海外から医薬品を購入するケースでは、必ず自分の病状に対して治療をする目的で使わなくてはいけないというルールがあります。仮に、購入した医薬品を第三者に転売したりするとその時点で法律違反になってしまいます。

また、ルール上厳格なのが購入した医薬品を第三者に譲ることも認められていないという点です。医薬品の日本国内の扱いは厳格で、特に個人輸入をする場合には購入から処分まで必ず自分の中だけで完結しなくてはいけません。医薬品が余ったからといって他の人に売っても渡しても罪に問われる可能性があります。

これらのルールを守れば、個人輸入の通販サイトはとても利用しやすいです。保険証などが必要ではなく、気になる商品をボタン操作だけで購入することができます。自分から商品を取りに行かなくてはならないわけでもなく、自宅に届けてくれますので通常の通販と感覚的には変わりません。国内の先発医薬品と比較しても安いため、こういったサービスを利用する人は多いという現状が存在します。